宮城のニュース

<仙台満店>丼でも「2度おいしい」

「牡蠣ひつまぶし丼(DON)」。使用されている「かきの甘煮」に加え、「かきのオイル漬け」(ともに1296円)はお土産にも
店内1階はカジュアルなカウンター席。2階は予約制のテーブル席。
オリジナルワイン。カキに舌鼓を打ちながらグラスを傾けてはいかが

◎カキ(5)かき松島(まつしま)こうは(宮城県松島町、宮城野区)

 11月のテーマはカキ。この季節の到来を心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか?
 宮城でカキといえば、なんといっても松島ですね。穏やかでミネラルが豊富な松島湾で育ったカキは、小ぶりながら味わい濃厚なのが大きな特徴です。
 このカキを地元松島の2店舗に加え、仙台駅東口で提供しているのが「かき松島こうは」。今回は、松島海岸駅前2号店にお邪魔しました。
 お薦めは「牡蠣(かき)のひつまぶし丼(DON)」(1058円)。カキの甘煮の汁を、炊き立ての県内産ひとめぼれと合わせ、その上に刻んだカキの甘煮と三つ葉、ゴマを乗せた一品です。
 まずは、ご飯とカキをそのままで。一かみごとにカキのうま味が口いっぱいに広がります。薬味の三つ葉の清涼感も最高です。
 そして半分ほど食べ進めたら、一緒に提供されるオイスタースープをかけて、リゾットのようにしていただきます。もうこのコンビネーションといったら、感涙もの。
 エキス濃厚なスープを取るため、カキを細かく刻んでだしを取り、そこにかきじょうゆを隠し味に加えているので、これだけでも飲み干したくなるほどの美味なのです。
 丼のほかにも、生、あぶり、焼きが選べるカキの単品メニューなどもあるので、ぜひお試しあれ!
(岡)

[メモ] 宮城県松島町松島浪打浜10の14▽午前11時半〜午後3時半。土日・祝日は午後6時まで。不定休。23席▽オリジナルの白ワイン(フルボトル3758円)が合う▽022(353)3588。
 仙台駅東口店は予約制。仙台市宮城野区榴岡2の2の2―2階▽午後6〜9時。8席▽022(792)5260。


関連ページ: 宮城 経済 仙台満店

2016年11月07日月曜日


先頭に戻る