宮城のニュース

岩沼駅に花植栽 岩沼高等学園に感謝状

高橋駅長(右)から贈られた感謝状を掲げる佐藤さん(左から2人目)と佐々木さん(同3人目)、高橋時明校長

 2005年からJR岩沼駅前の環境美化に取り組んできた宮城県岩沼市の県立支援学校岩沼高等学園(生徒128人)にJR東日本仙台支社から感謝状が贈られた。通学で利用する駅に校内で育てた花の苗を植え続けた活動が評価された。
 同校で10月25日にあった贈呈式では、高橋功岩沼駅長が今年5月に植栽した1年の佐々木蓮さん(16)と佐藤唯吹(いぶき)さん(15)に感謝状を手渡した。高橋駅長は「通勤、通学客から『今年もきれいな花壇ができたね』と声を掛けられる。本当にありがたい」と話した。
 佐々木さんは「苗の位置を考えて植えるのが大変だったが、感謝の気持ちが伝わり、うれしい」と喜び、佐藤さんも「駅員さんにはいつもお世話になっているし、きれいにすれば、みんなが笑顔になると思った」と語った。
 同校の植栽活動は05年に始まり、今年で11回目。2、3年生が種をまいて育てたサルビアなどの苗を1年生が駅東口の花壇に植えるほか、マリーゴールドのプランターを駅前に並べている。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月07日月曜日


先頭に戻る