宮城のニュース

駆け付け警護をNGO代表批判

今井高樹さん

 アフリカの南スーダンで避難民を支援する非政府組織(NGO)、日本国際ボランティアセンターの現地代表今井高樹さん(53)の講演会が5日、仙台市青葉区の仙台弁護士会館で開かれた。自衛隊が国連平和維持活動(PKO)に参加している現地の情勢を市民ら約100人に解説した。
 今井さんは10年近い支援の内容を説明。「避難民の間では国内の混乱を抑制できないPKOに失望感が広がっている」と述べた。
 安全保障関連法で可能になった自衛隊の「駆け付け警護」については「紛争の当事者かどうかを現場で見分けることは困難。日本の信頼を損ねかねない」と批判した。
 講演会は「自衛隊の国民監視差止訴訟原告団」など3団体が主催した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月07日月曜日


先頭に戻る