宮城のニュース

<君の朝活は。>「登校前」効率アップ

来春の受験に向けて早朝から勉強に励む生徒たち

◎仙台圏点描(9)朝塾(仙台市太白区)

 朝日が昇り始めた午前6時、仙台市太白区のマンション2階にある学習塾「名学館 富沢校」の教室で、中学生約20人が勉強机に向かう。
 参考書とにらめっこしたり、友達と問題を出し合ったり。朝勉強のスタイルは自由だ。午前8時前、子どもたちは充実した表情を浮かべながら、それぞれの学校に登校していった。
 部活動が終わった後に塾で授業を受け、夜遅くに帰宅する生徒は多い。塾長の我妻博隆さん(52)は「深夜は暗記力が落ち、夜更かしをすれば日中の集中力がそがれる」と夜型の効率の悪さを説く。
 朝の教室を開放したのは9年前。地道に取り組む生徒たちの姿が新たな生徒を呼び込んできた。10月には席が足りなくなり、ベランダにビニールハウスをしつらえて特設席を確保した。
 卒塾生が高校の学校生活や勉強法を紹介するミニ講演会も開く。富沢中3年の小野寺琴音さん(15)は「朝塾で学力を伸ばした先輩の姿は刺激になる。時間を有効活用して志望校に合格したい」と話した。
 高校受験に不安を抱えながらも互いに高め合う生徒たち。朝の積み重ねの先に憧れの春が待つ。

<メモ>2003年開校。朝塾は午前6〜8時。塾生、卒塾生は無料で利用可能。夜の授業は午後9時半まで。講師は担任制。テスト直前の週末には対策ゼミを開く。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月07日月曜日


先頭に戻る