宮城のニュース

<時空間絵巻>荘厳 瑞巌寺でオペラ

ライトアップされた本堂で上演されたオペラ

 宮城県松島町にある瑞巌寺の本堂で5日夜、オペラを上演するイベント「時空間絵巻」があった。約700人が来場し、本堂を舞台にした荘厳な演出を楽しんだ。
 演目は約30分に短縮した「トゥーランドット」。東京を中心に活躍するプロの声楽家4人が登場し、迫力ある歌声を披露した。
 日本の奇術「和妻」や傘回しなどの演芸のほか、地元の松島一小の子どもたちによる太鼓演奏もあり、観客を楽しませた。
 イベントは落語芸術協会(東京)の主催。内閣官房オリンピック・パラリンピック推進本部事務局の委託を受け、情報発信やインバウンド(訪日外国人旅行客)拡大を目的に開催した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月07日月曜日


先頭に戻る