宮城のニュース

市制10年復興誓う 気仙沼市が式典

一日も早い復興を誓い合った式典

 宮城県気仙沼市の市制施行10周年記念式典が7日、市気仙沼市民会館であり、市民ら823人が東日本大震災からの復興を改めて誓った。
 菅原茂市長は「震災では関連死を含め市民1352人の尊い命が失われた。人口減少は厳しいが、復興を担う多くのリーダーも生まれている。市民が主役のまちづくりを進める」と式辞を述べた。
 特別表彰として鈴木昇前市長や森琢男元本吉町長ら5人を表彰。教育文化などの功労者499人、17団体も表彰した。
 アトラクションでは気仙沼高ダンス部が躍動感あふれる演舞を披露し、市出身のシンガー・ソングライター熊谷育美さんと気仙沼中の3年生85人が「気仙沼讃(さん)歌」を合唱した。
 気仙沼市は2006年3月に旧気仙沼市と旧唐桑町が新設合併し、2009年9月に旧本吉町を編入合併した。10月末の人口は6万6023。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年11月08日火曜日


先頭に戻る