宮城のニュース

<1票の格差>仙台高裁 無効請求は棄却

天動説が主流の時代に地動説を唱え有罪となったガリレオの境遇になぞらえ、高裁判決を「ガリレオ判決」と皮肉る弁護団=7日午後3時30分ごろ、仙台市青葉区

 「1票の格差」が最大3.08倍だった7月の参院選は投票価値の平等を定めた憲法に違反するとして、弁護士グループが秋田を除く東北5選挙区について選挙の無効を求めた訴訟の判決で、仙台高裁は7日、「違憲状態」と判断した。無効請求は棄却した。原告側は即日上告した。
 二つの弁護士グループが全国14の高裁・高裁支部に起こした計16件の訴訟で判決は15件目。一連の訴訟はこの判決で違憲状態が10件となった。「合憲」は5件で、判断が分かれている。8日の名古屋高裁判決で全て出そろい、最高裁が統一判断を示す。
 市村弘裁判長は「最大格差は3倍を超え、2倍を超える格差を放置したまま選挙が実施された。投票価値の平等の重要性に照らし、看過できない」と指摘。一方、国会が前回2013年の参院選後に「徳島・高知」「鳥取・島根」の合区を含む「10増10減」を導入した点を「投票価値の平等に一定の成果があった」と評価した。
 判決はまた、3年後の参院選に向け、国会が選挙制度の見直しに取り組んでいることを挙げ、「憲法に違反するに至っていたとは言えない」と判断した。
 判決後、弁護士グループは仙台市内で記者会見し「判決は違憲状態と認定しており、選挙を無効にする義務があった。裁判官は憲法を順守するルールに違反している」と批判した。
 1票の格差を巡っては、最高裁が13年参院選を違憲状態と判断。当時の格差は4.77倍あり、選挙制度を見直すよう国会に求めていた。
 判決によると、公示日前の議員1人当たりの有権者数は最小の福井選挙区に対し、宮城2.96倍、福島2.49倍、青森1.74倍、岩手1.66倍、山形1.45倍、秋田1.37倍。1票の価値は福井に比べ、最小の宮城は0.34票だった。
 秋田選挙区について高裁秋田支部は10月19日、違憲状態と判断した。公選法の規定で、国政選挙の効力に関する訴訟は高裁が一審となる。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年11月08日火曜日


先頭に戻る