宮城のニュース

<立冬>落ち葉に冬の足音 宮城冷え込む

落ち葉が敷き詰められた遊歩道=7日午前9時50分ごろ、仙台市太白区根岸町

 「立冬」の7日、宮城県内は高気圧に覆われ、澄んだ青空が広がった。放射冷却現象による厳しい冷え込みで、今年の冬が始まった。
 仙台管区気象台によると、県内22カ所の観測地点全てで今季一番の冷え込みを記録。大崎市鹿島台で氷点下3.6度、栗原市駒ノ湯で同3.2度、大衡で同2.8度など、17カ所では最低気温が氷点下になった。
 仙台の最低気温は3.0度。日中の最高気温も前日を5.8度下回る11.3度にとどまった。仙台市太白区根岸町の遊歩道では、敷き詰められた落ち葉を踏みしめながら歩く人がいた。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月08日火曜日


先頭に戻る