宮城のニュース

集団移転先に郵便局 宮城初ローソン併設

新坂元駅周辺地区に新築移転された坂元郵便局

 東日本大震災で被災した宮城県山元町の集団移転先「新坂元駅周辺地区」に坂元郵便局が新築移転され、7日オープンした。日本郵便と業務提携するコンビニエンスストア「ローソン」の店舗に隣接し、両社の店舗が併設されたのは県内初めて。
 午前9時の開局前に記念セレモニーがあり、関係者約30人が出席。坂元郵便局の菊地幸夫局長は「復興が進む地域に愛される郵便局にしたい」と述べた。
 新坂元郵便局は床面積185平方メートル。新市街地整備に合わせて、同町坂元舘下から700メートル東に移った。
 ローソン坂元駅前店は今年2月、同じ敷地内に先行オープンした。日本郵便とローソンは買い物客や郵便局利用者の利便性を高めようと、全国約80カ所で併設店舗を展開している。


2016年11月08日火曜日


先頭に戻る