宮城のニュース

<仙石線>踏切ではねられ死亡 11本運休

 8日午前10時半ごろ、宮城県多賀城市伝上山小西能ケ田のJR仙石線第1下馬踏切で、50代とみられる男性があおば通発東塩釜行きの下り普通列車(4両編成)にはねられ、死亡した。塩釜署が男性の身元と事故原因を調べている。
 JR東日本仙台支社によると、事故の影響で仙石線の上下計11本が運休し、6本が最大1時間14分遅れ、乗客約5600人に影響した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月08日火曜日


先頭に戻る