青森のニュース

青森の幸と輸送サービスPR 青森県が商談会

県産食材とともに「エープレミアム」をPRした商談会

 青森県は7日、県産農水産物の輸送サービス「A!Premium(エープレミアム)」を活用してもらおうと、輸出商談会を青森市で開いた。リンゴや海産物を扱う地元業者が、香港、台湾などから参加した海外企業を含む食品関連6社に商品を売り込んだ。
 エープレミアムは県がヤマト運輸とともに2015年にスタートさせた。青森市内から午前9時に生鮮品を発送すると、那覇空港経由で翌日には香港、台湾、翌々日にはシンガポールなどに届く。
 参加した新華日本食品(香港)の蔡紹霞さんは「有名なリンゴはもちろんだが、シジミやワカサギにも興味がある」と話した。
 共催した沖縄県アジア経済戦略課の担当者は「那覇空港の利点は24時間離着陸ができること。アジアへのハブとして活用してほしい」と説明した。


関連ページ: 青森 経済

2016年11月08日火曜日


先頭に戻る