福島のニュース

<谷村新司>福島の今を歌に 風化防止へ

谷村新司さん

 福島県は7日、福島の今を伝える歌の作詞作曲を歌手の谷村新司さんが手掛けると発表した。18日まで公募する「ふくしまへの想(おも)い」を参考にしてもらい、東京電力福島第1原発事故の風化防止にもつなげる。
 歌は来年2月に完成予定で、アニメ制作の福島ガイナックス(福島県三春町)の協力でミュージックビデオも作る。谷村さんは「時代を超える『大切な歌』を一緒に生み出せることを楽しみに待っています」とコメントを寄せた。
 谷村さんは9月、県クリエーティブディレクター箭内道彦さん(郡山市出身)らが主催した白河市でのライブに出演。今回の歌を監修する箭内さんが曲作りを依頼した。


2016年11月08日火曜日


先頭に戻る