広域のニュース

<きらやか銀>仙台泉支店開設 個人客に照準

新店舗の前でテープカットをする関係者

 きらやか銀行(山形市)は7日、11日に開業する仙台市泉区の商業施設「セルバテラス」の2階に仙台泉支店を開設した。泉区のほか富谷市など黒川地域の人口増を踏まえ、個人客の獲得を目指して仙台支店泉出張所から格上げした。
 延べ床面積は約225平方メートルで、市地下鉄泉中央駅ビル2階にあった泉出張所の1.6倍に拡張した。住宅や車の各種ローンを扱い、投資信託や個人年金保険など資産運用の相談にも応じる個人特化型店舗。10人体制で、マネーアドバイザーを新たに配置した。
 開店式典で、粟野学頭取は「交通の要衝で人が集まる場所に出店できた。個人のお客さまに喜んでもらえる店舗にしたい」とあいさつした。
 平日、土曜日曜の営業で、営業時間は午前10時〜午後5時。現金自動預払機(ATM)を1台設置した。
 泉出張所は2008年設置の泉ローンステーションが前身で09年に出張所に格上げされた。同行の宮城県内の支店は7店目で、新規開設は07年の発足以来初。


関連ページ: 広域 経済

2016年11月08日火曜日


先頭に戻る