宮城のニュース

<楽天ドラ6>鶴田「直球で押す投手に」

東北楽天の長島スカウト部長(右)、後関昌彦スカウト(左)と握手する鶴田

 東北楽天は8日、ドラフト6位で指名した帝京大準硬式野球部の鶴田圭祐投手(22)=180センチ、86キロ、左投げ左打ち=と東京都立川市内のホテルで入団交渉し、契約金2500万円、年俸600万円で合意した。背番号は「61」に決まった。
 鶴田は「夢見ていたプロ野球選手になれて、楽しみしかない。西武の菊池雄星さん(岩手・花巻東高出)のように、力のある真っすぐで押していける投手になれたら」と抱負を述べた。
 「準硬式出身でも通用するところを見せたい」との反骨精神が人一倍強い。プロ入りを見据え8月から硬式球を使った練習を始めており、「入ってすぐ自分の力を100パーセント出し切れるよう過ごしている」と語った。
 長島哲郎スカウト部長は「真っすぐと切れのあるスライダーは即戦力と期待している」と話した。(金額は推定)


2016年11月09日水曜日


先頭に戻る