宮城のニュース

寒風急襲 肌寒い一日に

冷たい風が吹く中、厚手のコートを着込んで歩く人たち=9日午前11時ごろ、仙台市青葉区の定禅寺通

 宮城県内は9日、冬型の気圧配置と強い寒気の影響で冷たい風が吹き荒れ、肌寒い一日となった。仙台市青葉区の定禅寺通では、寒風が道路脇に落ち葉を押しやり、厚手のコートを着た人々が行き交った。
 仙台管区気象台によると、最大瞬間風速は石巻22.0メートル、女川町江ノ島21.5メートル、蔵王19.9メートル、気仙沼19.1メートル、仙台17.8メートルなどだった。
 仙台の日中の最高気温は前日を2.7度下回り、10.8度にとどまった。日暮れとともに冷え込みが強まり、午後5時には4.9度まで下がった。
 各地の最低気温は午後5時現在、栗原市駒ノ湯で氷点下1.7度、大崎市川渡0.3度、仙台市新川0.5度、大崎市古川1.4度など。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月10日木曜日


先頭に戻る