宮城のニュース

<楽天ドラ2>池田「チーム勝たせる投手に」

東北楽天と契約に合意した池田(右)。左は沖原スカウト

 東北楽天は9日、ドラフト2位で指名した創価大の池田隆英投手(22)=181センチ、84キロ、右投げ右打ち=と東京都八王子市のホテルで入団交渉し、契約金7000万円、年俸1200万円で合意した。
 長島哲郎スカウト部長は、岩隈(マリナーズ)、田中(ヤンキース)と共に先発3本柱として2009年に13勝を挙げた永井怜ジュニアコーチが付けた背番号30に決まったことを明かし「調子の良しあしに関係なく、自分らしい投球をしてくれるだろう」と語った。
 池田は「チームを勝たせる投手になる」と力強く宣言。ソフトバンクに指名されたチームメートの田中正義に対しては「今ははるか上を行く存在だが、投げ勝てるようにしたい」と対抗心をのぞかせた。
 年明けの新人合同自主トレーニングに向け、走り込みなどに力を入れるという。東日本大震災で被害を受けた被災地にも触れ「復興とともに、自分も力を付けていく」と東北のファンに向け活躍を誓った。
 沖原佳典スカウトは元阪神のエース藪恵壹氏に似たタイプと池田を評し「完成された投手。1年目から7、8勝はしてくれるだろう」と期待した。(金額は推定)


2016年11月10日木曜日


先頭に戻る