福島のニュース

<東京五輪>野球・ソフトの福島開催了承

福島県の内堀知事(左)と笑顔で会談する東京五輪・パラリンピック組織委の森会長(中央)、遠藤氏=9日午後、東京・虎ノ門

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は9日、東京都内で理事会を開き、追加種目に決まった野球・ソフトボールの一部の試合を福島県内で開催する方針を了承した。組織委の森喜朗会長は同日、内堀雅雄福島県知事と会談して開催案を伝えた。球場や開催試合を今後選定し、12月の国際オリンピック委員会(IOC)理事会での承認を目指す。
 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興状況と支援への感謝を世界に伝えるのが狙い。内堀知事は非公開の会談後、報道各社の取材に「福島の復興が進んだことを国内外に発信できる。関係機関と連携し、しっかり対応したい」と語った。
 会場候補には福島、郡山、いわきの3市が名乗りを上げ、福島市の県営あづま球場が有力となっている。世界野球ソフトボール連盟(WBSC)のフラッカリ会長が来週来日し、福島市や郡山市の球場を視察する。
 会談に出席した前五輪相の遠藤利明組織委副会長は「野球・ソフトボールの試合開催は復興五輪の象徴。WBSCとも相談し、結論を出したい」と述べた。
 小林香福島市長は「被災地の福島県にとって明るいニュースだ。実現に向け、積極的に取り組みたい」との談話を発表。品川万里郡山市長は報道各社の取材に「開成山野球場での開催の可能性もある。しっかり態勢を整えたい」と語った。
 10月に来日したIOCのバッハ会長は被災地で1次リーグの日本戦を実施するアイデアを提示。横浜スタジアムを主会場とする方針が固まっている。


関連ページ: 福島 政治・行政

2016年11月10日木曜日


先頭に戻る