宮城のニュース

<囲碁天元戦>挑戦者一力七段1勝返せるか

 囲碁の井山裕太天元(27)に仙台市出身の一力遼七段(19)が挑戦している第42期天元戦5番勝負の第2局が11日、北海道小樽市で打たれる。
 10月21日の第1局は、上辺で起きた激しい戦いを井山天元が制し先勝した。
 井山天元は今月3日にあった名人防衛戦に敗れて失冠し、7冠から6冠に後退した。その悪い流れを断ち切って第2局を迎え、連勝したいところだ。
 一力七段は1勝を返し、勝負を振り出しに戻すことを目指す。
 一力七段の黒番。立会人は小松英樹九段。午前9時に対局を開始し、持ち時間各3時間で11日のうちに決着する見通しだ。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月11日金曜日


先頭に戻る