岩手のニュース

<台風10号>道路や橋 災害査定始まる

安家川の流域を調査する査定チーム

 台風10号豪雨で甚大な被害が出た岩手県岩泉町などで10日、被災した道路や橋、河川の護岸設備といった公共土木施設の復旧事業費を決める国の災害査定が始まった。県が申請した査定対象は21市町村の計約2200件に上る。関係省庁は年内の査定完了を目指す。
 対象の内訳は自治体管理道路が1250件、河川の護岸設備が839件、橋が56件など。市町村別は岩泉町666件、宮古市509件、久慈市362件など。
 査定は国土交通省の災害査定官や東北財務局の立会(りっかい)官ら約10人で編成するチームが実施。初日は7市町に8チームが入った。岩泉町では氾濫被害が深刻だった安家(あっか)川の上流500メートルを査定。県の担当者から護岸設備の被害状況や工法について説明を受け、必要な復旧事業費を検討した。
 調査した田部成幸災害査定官は「甚大な被害で川が暴れたという印象を受けた。一日も早く復旧工事に取り掛かれるようにしたい」と述べた。
 県内では公共土木施設と並行し、農業施設や個人所有の農地の災害査定も進める。18市町村の計約400件が対象で東北農政局が査定する。土木施設と農地の査定はともに12月22日まで実施する計画。


関連ページ: 岩手 社会

2016年11月11日金曜日


先頭に戻る