宮城のニュース

<政活費>仙台市議会はネット公開を オンブズ

 仙台市民オンブズマンは11日、仙台市議会の政務活動費(政活費)の収支報告書や領収書をインターネットで公開するよう求める陳情書を市議会に提出した。
 原田憲代表が市議会を訪れ、事務局職員に陳情書を手渡した。陳情書は、領収書などを議会棟で閲覧させるのみの現行制度は利用に時間的な制約がある上、書類のコピーの入手に費用もかかると指摘している。
 原田代表は記者会見で「全国で政活費の不正支出が問題になっており、使途の透明性を高める上で資料のネット公開は重要だ。市議会は自主的に制度改正に動いてほしい」と訴えた。
 岡部恒司議長は取材に「各会派に報告して扱いを協議する」と述べた。
 市議会では1人会派「民進党」の議員が独自に領収書をネット公開している。県議会は2017年度分からネット公開する。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月12日土曜日


先頭に戻る