宮城のニュース

<楽天ドラ3>田中「強肩と俊足発揮したい」

東北楽天と契約に合意した田中(中央)。右は長島哲郎スカウト部長、左は沖原スカウト

 東北楽天は11日、ドラフト3位で指名した立大の田中和基外野手(22)=181センチ、75キロ、右投げ両打ち=と東京都内のホテルで入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸1200万円で合意した。背番号は25に決まった。
 交渉を終え、田中は「野球が仕事になるので身が引き締まる思い。肩の強さと足の速さを存分に発揮したい」と抱負を語った。
 遠投125メートルの強肩と50メートル5秒8の俊足が武器。高校時代は捕手で、外野に取り組んだのは大学に入ってからという。両打ちで左右の打席から本塁打を放つ長打力もあり「走攻守そろったスイッチヒッターを目指したい」と意気込む。
 東北楽天に田中が名字の選手が入団するのは、2007〜13年に在籍した田中将大投手(ヤンキース)以来となる。13年にチームを初の日本一に導き、東北に歓喜をもたらしたかつてのエースのように「ファンに愛される選手になりたい」と思い描く。
 沖原佳典スカウトは「走攻守の能力が高く、トリプルスリーを狙えるくらいの素質がある。経験を積み、近い将来にはレギュラーをつかんでほしい」と期待した。


2016年11月12日土曜日


先頭に戻る