広域のニュース

岩手、宮城で震度4 JRなど遅れ

 宮城県沖を震源とする最大震度4の地震が発生した12日朝、宮城県内では交通機関の運行ダイヤが一部乱れたが、大きな混乱はなかった。
 JR東日本仙台支社によると、午前6時43分の地震発生に伴い仙石線の上下各1本、陸羽東線の上下各1本の計4本が運休。石巻線の遅れを含め計740人に影響した。東北新幹線は仙台−盛岡間で8分間運転を見合わせ、一部に遅れが出た。
 仙台市交通局は地下鉄南北線と東西線で一時、点検のため徐行運転を行い、安全を確認した。
 東北電力によると、女川原発(宮城県女川町、石巻市)で異常は確認されていない。


関連ページ: 広域 社会

2016年11月12日土曜日


先頭に戻る