宮城のニュース

<七五三>笑顔おめかし

柔らかな陽光に包まれ、笑顔で七五三参りをする家族連れ=12日午前11時30分ごろ、石巻市の鹿島御児神社

 七五三シーズンを迎え、小春日和となった12日、各地の神社では家族連れが子どもの健やかな成長を祈った。
 東日本大震災で被災した宮城県石巻市の市街地を一望できる鹿島御児神社には、晴れ着姿の子どもと両親らが訪れた。居合わせた参拝客も「かわいいわね」などと目を細めた。
 市内の自営業佐藤政利さん(36)は長女優奈ちゃん(3)を連れ、家族6人でお参りした。佐藤さんは「健康に育ち、優しい子になってほしい」と願った。
 神社によると、近年の七五三参りは15日を中心に分散傾向にあるという。今年は大安の13日がピークとみられる。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月13日日曜日


先頭に戻る