宮城のニュース

<楽天>細川捕手獲得へ

細川亨捕手

 東北楽天が今季限りでソフトバンクを退団した細川亨捕手(36)=青森大出=を獲得することが12日、分かった。在籍した西武とソフトバンクで合計5度の日本一に貢献した経験豊富な細川は、正捕手の嶋基宏と並ぶ貴重な戦力になりそうだ。
 細川は頭脳的なリードが持ち味で、過去にベストナインに2度輝いた。かつて東北楽天の野村克也・元監督が「打者に配球傾向を読まれにくい球界随一の捕手」と評した。長打力のある打撃も魅力で、2桁本塁打を過去3度記録している。
 東北楽天は今季、けん引役の嶋をけがで欠いた5月に9連敗。これが上位進出を逃した原因となった。新人の足立が台頭したものの、捕手陣強化は急務だった。球団は来季、青森県で初の1軍戦開催も予定しており、同県平内町出身の細川には人気面でも期待がかかる。
 細川は2002年に自由獲得枠で西武入り。04、08年の日本一に貢献した。11年に国内フリーエージェント権を行使してソフトバンクに移籍。11、14、15年と3度の日本一を支えた。通算成績は1374試合、打率2割3厘、83本塁打、365打点。291犠打は歴代8位の数字。今季はけがの影響で49試合出場にどどまった。


2016年11月13日日曜日


先頭に戻る