宮城のニュース

<仙台満店>熱々さくっ うま味濃厚

カキフライ定食は小鉢、漬物、みそ汁付き。ご飯の大盛り無料
店内は靴を脱いでくつろげる掘りごたつ席。料理をゆったり味わえる

◎カキ 南三陸金華山片倉うに屋(仙台市青葉区)

 「好きなカキ料理は?」と聞かれて、元気に「カキフライ!」と答えた方は必見です。
 紹介するのは、宮城県庁裏手にある「南三陸金華山 片倉うに屋」。宮城県女川町で50年の歴史を持つ水産加工業「片倉商店」の直営店です。女川から直送の海の幸とお酒を楽しめる店として2015年8月にオープンしました。
 社長自らが海に潜って丁寧に採るウニや天然ホヤが有名ですが、東日本大震災後に始めたカキは、籠養殖で手間暇かけて育てています。海の栄養を十分に吸い込んだカキは、ぷりっと詰まった身入りの良さが自慢です。
 昼メニューのカキフライ定食(950円)を頼むと、大きなフライが五つ、存在感たっぷりに盛られてきました。支店長の広田清伸さん(45)に聞くと、「オープン当初についこの大きさで出してしまいました。海のものなので状況にもよりますが、人気なのでもう小さいのは使えないですねぇ」と笑います。直営店ならではの心意気。ありがたくいただきましょう。
 熱々のところをさくっと頬張れば、ふわっと柔らかい身の感触とカキの濃厚なうま味が口いっぱいに広がります。手作りのタルタルソースはお代わりの注文が出る人気です。フライが大きいだけにソースやレモン、塩、しょうゆなど、一つ一つ味を変えて味わう人もいるとか。
 三陸の海の揺り籠に思いを寄せる、おいしいひとときです。(せ)

[メモ]仙台市青葉区上杉1の4の13、アソルティ上杉1階▽午前11時半〜午後2時、午後5〜11時。日曜定休▽夜のお薦めは女川産アナゴの白焼き918円、ムール貝レモン蒸し648円など。日本酒やこだわりのボルドーワインとともにどうぞ。36席▽022(302)7314。


関連ページ: 宮城 経済 仙台満店

2016年11月14日月曜日


先頭に戻る