宮城のニュース

<スーパームーン>仙台で鑑賞の可能性半々

 満月がいつもより地球に近づいて大きく見える「スーパームーン」が14日夜起きる。日本列島の多くは雨や曇りであいにくの天気だが、地域によっては晴れて、68年ぶりとなるひときわ明るい満月を楽しめそうだ。
 月は楕円(だえん)軌道に乗って地球を回っており、地球との距離が周期的に変化する。最も近づくタイミングと、太陽の位置関係で満月に見えるタイミングが一致するとスーパームーンとなる。
 国立天文台によると、月は14日午後8時21分に地球まで約35万6500キロに近づき、午後10時52分に満月になる。これほど近づくのは1948年以来68年ぶりで、今年最も小さかった満月に比べて直径が1.14倍、面積は3割ほど大きくなるという。
 仙台の月の出は午後4時32分。夜は湿った東風の影響で次第に曇る所が多くなる見込みで、仙台管区気象台は「観賞できる可能性は半々」と話している。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月14日月曜日


先頭に戻る