宮城のニュース

<栗原ハーフ>田園風景 1300人快走

一斉にスタートを切る出場者

 栗原市の日本陸連公認コースを会場にした第2回栗原ハーフマラソン(市など主催)が13日、同市若柳の若柳中前を発着点に行われた。
 大会はハーフの部から2キロ親子ペアの部まで5種目、21部門で実施。今年は昨年を約300人上回る約1300人が参加した。ランナーらは秋晴れの下、心地よい汗を流して田園風景の中を駆け抜けた。沿道では市民が盛んな声援を送っていた。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年11月15日火曜日


先頭に戻る