宮城のニュース

<クマ襲撃>負傷男性の妻「街中出没、怖い」

男性がクマと遭遇した丁字路(手前)。約300メートル南にはスーパーもある=仙台市泉区上谷刈

 仙台市泉区上谷刈でクマと遭遇した男性の妻は「自宅から数百メートルの七北田川沿いでクマが目撃されたとは聞いていたが、まさか自宅の目の前に現れ、家族が被害を受けるとは…」と驚いた様子で語った。
 妻によると、男性は自宅前の丁字路でクマと遭遇した。当初、男性は手をけがしたと思っていたが、衣服を脱ぐと腹部に傷が見つかった。破傷風の恐れもあるため泉区内の病院で手当てを受けたが、翌14日は午前6時半に出勤したという。
 自宅から300メートル南には大型商業施設がある。「クマも食べ物に困っているのかもしれないが、こんな開けた街中に出没すると思うと怖い。しばらくは夜に独りで出歩くのは控える」と妻は話した。
 泉区は区内でクマ出没が相次いでいるのを受け、出没場所付近に注意喚起の立て看板を設置する。目撃場所に近い仙台市加茂中や同市野村小には、児童生徒の登下校時に注意するよう呼び掛けた。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月15日火曜日


先頭に戻る