宮城のニュース

<旧車会>宮城県警が集団走行一斉取り締まり

 宮城県警は13日、古いオートバイの愛好者グループ「旧車会」の集団走行を対象に県南地区で一斉取り締まりを行い、違反15件を摘発した。
 検問は同日午前9時〜午後2時、名取市高舘熊野堂の国道286号や仙台東部道路亘理インターチェンジなど3カ所で実施し、集団走行中の二輪車約160台を調べた。違反15件の内訳は消音器不備12件、整備不良3件だった。
 県警によると、旧車会の中には、暴走族OBが愛好者の看板を隠れみのに集団暴走するグループも紛れ込んでいるという。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月15日火曜日


先頭に戻る