宮城のニュース

復興ガーデンきれいに 手入れしパンジー植栽

女川駅前の公園で花を植える参加者

 三菱UFJ信託銀行仙台支店の有志13人が3日、女川町で、「ピーターラビット」の世界をモチーフにした庭園「女川復興ガーデン」の手入れ作業をした。
 参加者は、JR女川駅前と町地域医療センター敷地内にある2カ所の庭園で、枝を刈り込んだり、パンジーなどの花を植えたりした。庭園をデザインした世界的な庭園作家石原和幸さん(58)も加わって作業を指導した。
 同支店の広谷昌隆次長(52)は「有志で年に2、3回ほど庭園のメンテナンスに来ている。来るたびに復興を感じる」と話した。
 医療センターの庭園は三菱UFJ信託銀行(東京)が2013年に本店に製作し、14年に復興に役立ててほしいと移設・寄贈。ピーターラビットのキャラクターを彫った石版などが設置されている。昨年12月には女川駅前に第2庭園を贈った。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年11月16日水曜日


先頭に戻る