福島のニュース

<高速バス>会津若松−仙台空港 運行開始

始発の高速バス前でテープカットをする関係者=会津若松市

 福島県会津若松市と仙台空港を福島市経由で結ぶ高速バスの運行が14日、始まった。会津若松市で記念のセレモニーがあり、関係者がインバウンド(訪日外国人旅行者)の利用などに期待を寄せた。
 仙台空港に定期運行の高速バスが乗り入れるのは、同空港が7月に完全民営化されてから初めて。ともにみちのりホールディングス(東京)傘下の会津乗合自動車(会津若松市)と福島交通(福島市)が共同運行する。
 会津若松駅前バスターミナルであったセレモニーで、会津乗合自動車の佐藤俊材社長は「インバウンド誘致の起爆剤にしたい。仙台空港を起点にした東北観光のスタイルが定着すると期待している」と述べた。
 仙台空港では、仙台駅と結ぶ鉄道の仙台空港アクセス線が2007年に開業して以降、高速バス路線が相次いで撤退し、乗り入れがなくなっていた。今後は空港の国際便増便などで観光客が伸びることが予想されるとして、会津乗合自動車が路線開設を決めた。
 東北の他都市と仙台空港を結ぶ高速バスの運行も検討されているといい、空港を運営する仙台国際空港の岩井卓也社長は「空港の利便性を高めるため陸上交通の充実が必要」と話した。
 高速バス「会津若松・仙台空港線」は1日3往復。所要時間は会津若松−空港間が3時間15分、JR福島駅−空港間が1時間55分。


関連ページ: 福島 経済

2016年11月15日火曜日


先頭に戻る