宮城のニュース

練るとねっとり サトイモアイス

パッケージには、町の観光PRキャラクター「ざおうさま」をあしらった

 蔵王町観光物産協会は、町内で県内有数の生産量を誇るサトイモを使ったアイスクリームを発売した。
 硬さや粘りの強さから地元では食べるが一般には流通せず、商品化が課題だった「親芋」をペースト状にして活用した。しょうゆを隠し味にした煮っ転がしをイメージしたアイス。食べる前に練ると、ねっとりした食感が楽しめるという。
 製造には蔵王酪農センター(蔵王町)、山田乳業(白石市)が協力。「ざおうさま四季のジェラート」の統一名称を用い、今後、果物など町の特産品を生かした商品開発に取り組む。
 110ミリリットル入り、税込み350円。みやぎ蔵王こけし館で販売中。連絡先は町観光物産協会0224(34)4401。


関連ページ: 宮城 経済

2016年11月17日木曜日


先頭に戻る