宮城のニュース

<仙台東西線>信号故障で初の運休 1200人影響

 15日午後1時55分ごろ、仙台市地下鉄東西線八木山動物公園駅で、発車信号が停止から切り替わらなくなり、荒井行き列車1本が運休した。全線が停止して計9本が最大37分遅れ、約1200人に影響が出た。
 市交通局は車両か信号に不具合が生じたとみて原因を調べている。交通局によると、東西線の運休は昨年12月の開業以来初めて。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月16日水曜日


先頭に戻る