宮城のニュース

<ノロウイルス>石巻の園児ら210人感染

 宮城県は16日、石巻市の幼稚園と小学校で、計210人が感染性胃腸炎の集団感染とみられる症状を訴えたと発表した。重症者はなく、全員快方に向かっている。県は集団感染の流行を受け、手洗いなどの予防徹底を呼び掛けている。県によると、今月2日以降、市内の幼稚園で園児71人と職員2人、小学校で児童136人と職員1人に下痢や嘔吐(おうと)などの症状が出た。石巻保健所の調査で両方の患者からノロウイルスが検出された。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月17日木曜日


先頭に戻る