宮城のニュース

<楽天>今キャンプ2度目の紅白戦

 東北楽天は16日、マスカットスタジアムで今キャンプ2度目の紅白戦(6回制)を行い、紅組が伊志嶺の適時打などで4−1で勝った。
 紅組は一回に三好と中川大志の重盗で1点を先制。三回は島内宏明、五回は伊志嶺忠の適時打で1点ずつ挙げ、六回は茂木栄五郎の右越えソロで加点した。投手は先発古川侑利が2回とも三者凡退に抑える好投を見せ、大塚尚仁、石橋良太、西宮悠介、小野郁と継投した。
 白組は六回に内野ゴロで1点を返すにとどまった。守備では中堅オコエ瑠偉がフェンス際の飛球を好捕するなど見せ場をつくった。投手は浜矢広大、横山貴明、武藤好貴、入野貴大が投げた。
 梨田昌孝監督は目立った選手に守備でも安定したプレーを見せた島内を挙げ「球際に強くなった。チームを引っ張る存在になってほしい」と話した。
 キャンプは17日に最終日を迎える。


2016年11月17日木曜日


先頭に戻る