広域のニュース

<東北電>ネットに侵入 ポイント不正交換

 東北電力は16日、自社の会員制ウェブサービス「よりそうeねっと」に不正アクセスがあり、利用者約500人分のポイント(約25万〜30万円相当)が他社のポイントに不正交換されたと発表した。東北電はサービスを停止して原因を調べるとともに、宮城県警に被害を報告した。
 東北電によると10日午後5時45分ごろから、複数のIPアドレスから大量の不正アクセスが集中。サービスが停止する15日午前9時55分ごろまで続いた。その後、利用者2人から身に覚えのないポイント交換があったとの問い合わせがあり、不正が発覚した。
 ウェブサービスは今年4月に本格運用を開始。獲得ポイントは「nanaco(ナナコ)」や「Ponta(ポンタ)」など計7種の電子マネーなどに1ポイント1円前後で交換できる。15日現在の会員数は14万2827人で、約500人分584件の計29万2000ポイントが不正に交換された。
 会員IDとパスワードの流出は確認されておらず、東北電のサイト以外から入手したとみられるという。
 東北電は「ご心配とご不便をお掛けしておわび申し上げる。不正交換されたお客さまには個別に連絡する」と説明した。連絡先は東北電コールセンター(0120)175466。


関連ページ: 広域 社会

2016年11月17日木曜日


先頭に戻る