宮城のニュース

<仙台市本庁舎>耐用年数が残り13〜14年

建て替えも視野に老朽化対策が検討されている仙台市役所本庁舎=17日

 仙台市役所本庁舎で使われている鉄筋コンクリートの耐用年数が残り13〜14年との調査結果を市がまとめたことが17日、分かった。コンクリートの中性化の度合いを調べる試験で判明した。耐用年数を超えると鉄筋がさび、建物の強度が低下する恐れがある。市は調査結果などを踏まえ、本庁舎を建て替えるかどうかを年度内にも判断する。
 試験は、市の委託で建設業者が5〜8月に実施。コンクリートの厚みがそれぞれ約30ミリの屋内の壁と外壁計20カ所を調べると、中性化は表面がモルタルなどで保護された6カ所で平均0.6ミリだが、保護がない14カ所で24.3ミリまで進み、うち4カ所は30ミリを超えた。
 アルカリ性のコンクリートは大気中の二酸化炭素と反応し、表面から徐々に中性化する。コンクリート強度に影響ないが、中性化が鉄筋まで達すると、腐食し膨張した鉄筋でコンクリートがひび割れたり、剥がれたりする可能性がある。
 本庁舎は1965年完成。建て替え以外にも、コンクリート表面にモルタルを塗り中性化を遅らせる策がある。費用は30億〜40億円だが、庁舎の使用期間がどれだけ延びるかは不明。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年11月18日金曜日


先頭に戻る