宮城のニュース

学ぶことは生きること 夜間中学開校2年

開校2周年を迎える仙台自主夜間中学

 さまざまな事情で義務教育未修了の人らが学ぶ「仙台自主夜間中学」が18日で開校2周年を迎える。月2回の授業には生徒30人以上が集まり、支援会員も100人を超えた。運営団体は「さらに活動を発展させたい」と意気込む。
 仙台市青葉区の市市民活動サポートセンターであった16日の昼の授業には生徒15人が出席。運営する「仙台に夜間中学をつくり育てる会」の中沢八(や)栄(さか)代表(73)が「2年で活動の基礎はできた。今後も丁寧な授業を心掛け、生徒を温かく迎え入れたい」と述べた。
 生徒らは全員参加の「言葉の時間」で秋の詩を読んだ後、科目ごとに分かれて勉強に励んだ。通学1年の宮城野区の女性(89)は「先生たちと会うのが楽しい」と話した。
 同校は昼と夜の2部制。参加無料で年齢や学歴は不問。連絡先は中沢さん090(7562)3227。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月18日金曜日


先頭に戻る