宮城のニュース

<岸楽天入り>西武10年間育ててくれた

西武退団の意向を伝えるため、球団事務所に入る岸(右)

 西武から海外FA権の行使を宣言をした岸孝之が17日、同球団に退団する意向を伝えた。主なやりとりは次の通り。

 −球団とはどんな話をしたか。
 「『お世話になりました。ありがとうございました』とあいさつした」

 −球団からの言葉は。
 「10年間、貢献してくれてありがとう、と言われた。逆に僕が10年間、わがままを言ったり、迷惑を掛けたりしたと思う。その感謝の気持ちを僕なりに伝えた」

 −10年間過ごした西武を離れる今の心境は。
 「(FAの)権利を得るまで育てていただいた。感謝の気持ちしかない」

 −チームメートにはどう伝えるか。
 「ちゃんとみんなと会って、一人一人とあいさつはしたい」

 −西武を退団する決断として大きかったのは何か。
 「また、(後日)お話します」


2016年11月18日金曜日


先頭に戻る