宮城のニュース

<岸楽天移籍>東北、仙台を盛り上げたい

岸孝之投手

 プロ野球西武から海外フリーエージェント(FA)権を行使した岸孝之投手(31)が18日、コボスタ宮城で記者会見し「東北、仙台を盛り上げたいと思って決断したので、(今日の日を迎えられ)うれしく思う。東北、仙台のために精いっぱい頑張りたい」と東北楽天への移籍を発表した。
 東北楽天の本拠地、仙台市出身の岸は宮城・名取北高、東北学院大を経て2007年に希望枠で西武に入団。1年目から4年連続で2桁勝利を挙げ、08年には日本シリーズの最高殊勲選手(MVP)に選ばれた。14年はロッテ戦でノーヒットノーランを達成。10年間で通算103勝65敗、1セーブ、防御率3・05。今季は19試合で9勝7敗、防御率2・49だった。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年11月18日金曜日


先頭に戻る