山形のニュース

<政治資金報告>山形の選挙支出23.3%増

〔注〕単位:万円。増減率は%。1万円未満切り捨て。▲はマイナス
〔注〕単位:万円。1万円未満切り捨て。―は前年1,000万円未満

 山形県選管は、政治資金規正法に基づく県内政治団体の2015年の収支報告をまとめた。18日に県のホームページで公表する。報告書を提出した政党や資金管理団体は814団体で、収入総額は前年比15.3%増の20億9076万円、支出総額は23.3%増の14億9559万円だった。
 収入の内訳は、寄付が最も多く、前年比33%増の6億8615万円だった。交付金は6.8%減の4億1677万円、事業収入は24.6%増の1億9431万円、党費・会費は1.2%増の1億4786万円。借入金は55.1%増の2900万円だった。
 支出は経常経費が17.4%増の5億2074万円で最多。寄付交付金は35.8%増の3億9889万円、組織活動費は10.9%増の2億7418万円、選挙関係費は24.6%増の1億220万円だった。
 県内各政党の収入総額と政党以外の団体の上位10団体は表の通り。収入総額が1000万円以上の団体は政党(支部などを含む)が1増の19団体、政党以外が8増の20団体だった。


関連ページ: 山形 政治・行政

2016年11月18日金曜日


先頭に戻る