青森のニュース

海水温影響?太平洋スルメイカ不漁深刻

トロール船が水揚げしたスルメイカ。盛期にもかかわらず不漁が続き、漁業者は「今年はもう駄目」と肩を落とす=八戸港

 太平洋のスルメイカの不漁が深刻だ。北海道東沖のイカ漁は水揚げ量が昨年の約3%に落ち込む市場もあり、八戸港(青森県八戸市)で水揚げが3割減るなど東北の三陸沖も伸び悩む。価格が高騰し、東北の小売りや加工業者から悲鳴が上がる。十数年周期で起きる海水温の低下が要因の可能性があり、不漁の長期化が懸念される。

<北上中に死滅>
 漁業情報サービスセンター(東京)によると、生スルメイカが特に多く集まる北海道の羅臼町や釧路市など道東の魚市場で水揚げ量が激減。冬の盛期に入っても増えず、10月までの数量は羅臼が前年比97%減の117トン、釧路が同81%減の1359トンにとどまる。
 イカの水揚げ日本一の八戸港も10月までの水揚げが同31%減の7495トンと落ち込む。地元の八戸みなと漁協の江尻佳穂参事(61)は「小型イカ釣り船が悲惨な状況だ。通常は20杯入りで300箱揚げるのが今年は10箱。人件費も賄えず、本当に厳しい」と明かす。
 スルメイカは秋に山陰沖などでふ化して日本海を回遊する群れと、冬に東シナ海でふ化して太平洋を北上して日本海に回る群れがある。水産関係者は、太平洋のイカの多くが北上中に死滅したとみている。

<「盛期に痛手」>
 東北のスーパーは品薄の状況だ。みやぎ生協(仙台市)は「去年の2割ほどの扱いしかなく、例年1杯200円の価格が今年は398円。利益はないが、これ以上高いとお客さんの手が出ない。品ぞろえできない店もある」と説明。水産卸の仙都魚類(同)の担当者は「入荷するのは日本海側のイカだけ。仙台でも冬の盛期はかなり需要があり、不漁は痛手」と嘆く。
 太平洋側の不漁を受け、日本海で漁獲された船凍イカも価格が上昇。八戸市の水産加工会社は「1キロ200〜300円の仕入れ価格が900円近くになる異常事態。値上げもできず、原料高の製品安の状況で、経営にも影響が出ている」とため息をつく。

<長期的に激減>
 要因の一つに海水温の変化がある。東北区水産研究所の木所英昭浮魚・いか資源グループ長(46)によると、東シナ海は中長期的な気候変動で海水温が下がる傾向にあり、ふ化したイカの死滅につながった可能性が高い。
 太平洋側では1970〜80年代にスルメイカが長期的に激減し、マイワシが豊漁になる「魚種交代」が起き、当時も日本周辺の寒冷化が指摘された。道東沖は今年、マイワシが大幅に増えている。
 魚種交代が起きると、加工業者は厳しい状況に陥る。70〜80年代は南米沖などに漁場を広げて量を確保できたが、現在は各国の資源管理が進み、海外の漁場にはほとんど入れない。
 木所氏は「不漁が長期化すると見極められれば、新たな漁場開拓などの対応が必要になる」として、当面は生態系の変化や今後も東シナ海に産卵場が形成されるかどうかを注視する考えだ。


関連ページ: 青森 社会

2016年11月18日金曜日


先頭に戻る