宮城のニュース

<新東北みやげ>こけしクリップ最優秀賞

最優秀賞に決まった「ご当地こけしクリップ」

 東北の中小企業による新しい土産物を発掘する「第3回新東北みやげコンテスト」(仙台市産業振興事業団主催)の審査が18日、仙台市内であり、最優秀賞に佐々木印刷所(仙台市)の「ご当地こけしクリップ」が選ばれた。同社は第1回の「マッチ箱マガジン」に続き2度目の受賞。
 ご当地こけしクリップは長さ3センチのファイバー紙でできたクリップに、宮城のこけしがカラフルに描かれている。8月から仙台空港や書店で販売され、かわいらしいデザインが若い女性の人気を集めた。佐々木英明社長は「今後はこけしの種類をどんどん増やしたい」と話した。
 審査では、応募があった235点の中から書類審査を通った40点の出展者が商品を説明。市内の百貨店やJR東日本などの仕入れ担当者が新規性や地域性、価格などの観点で評価した。
 優秀賞の受賞品目は次の通り。
 仙台香房露香(仙台市)のお香「仙台四季香」▽一ノ蔵(大崎市)の日本酒「一ノ蔵Madena(マデナ)」▽バンザイ・ファクトリー(陸前高田市)の「椿(つばき)茶 茶筒 ティーバッグ」


関連ページ: 宮城 経済

2016年11月19日土曜日


先頭に戻る