山形のニュース

<モンテ>新スタジアム設立検討委を設置

 サッカーJ2山形を運営するモンテディオ山形(天童市)は18日、新スタジアム推進事業体設立検討委員会を設置すると発表した。30日に初会合を開く。
 同社は昨年12月に新スタジアム構想を公表後、作業部会で実現の諸課題を検討。構想を進めるため(1)スタジアム建設・運営を目的とした推進事業体設立に向け検討委員会をつくる(2)オール山形で推進できる組織を目指す−などの方針を決めた。
 検討委は報道、金融、経済、スポーツ団体の代表ら11人で構成し、山形県幹部がオブザーバーを務める。委員の一人で同社の横内崇新スタジアム推進室長は「特別目的会社(SPC)や任意の協議会など、推進事業体はどのような組織がふさわしいか、議論していく」と説明した。
 構想によると、Jリーグの施設基準を満たす全席屋根付きで、2万人以上を収容できる専用スタジアムの整備を目指す。


2016年11月19日土曜日


先頭に戻る