宮城のニュース

<ポケGO>レアキャラに殺到 迷惑ヨソモン

来訪客にシールを配ってマナー順守を呼び掛ける古山さん(左)=JR石巻駅前

 東日本大震災の被災地でスマートフォン向けの人気ゲーム「ポケモンGO」のレアキャラクターが出現しやすくなっているのを受け、石巻市には週末の19日、県内外から多くのファンが訪れ、街中に人があふれた。路上駐車や混雑で市民生活に影響が出るケースもあり、県観光課などは市内でちらしを配ってマナー順守を呼び掛けた。

 JR石巻駅前は同日朝から、電車を降り立った愛好者らで混雑した。駅周辺の駐車場は「満車」の表示。車のナンバープレートは静岡、富山、成田、宇都宮、袖ケ浦、多摩、足立など県外からとみられる車両が目立った。
 東京都葛飾区の女性会社員(25)は新幹線、仙石線を乗り継いで来た。「先週末に続いての訪問。被災地に足を運ぶきっかけになった」と言う。
 県が12日、石巻市を拠点に開催したイベントには1万人以上が来場。ゲーム運営会社は23日まで、めったに現れないポケモン「ラプラス」を被災地で出現しやすくしている。
 石巻市では12日以降、多くの来訪客が街中を巡る一方で、市民から「一方通行の道路を逆走する車がいる」「私有地に無断で入っている」などの苦情が出ている。狭い道路に一気に集まった愛好者らで、車の通行に支障が出るケースも生じている。
 県観光課は19日、職員らが石巻駅前で、歩きながらのスマホ操作、信号無視、路上駐車などをしないよう記したちらしを配布。注意を喚起する宣伝カーも市内で走らせた。
 イベント運営に携わる一般社団法人イトナブ石巻は「ZENDAMA TRAINER(善玉トレーナー)」と印字したシール700枚を作成。職員らが同日、愛好者らに配布し、住民に迷惑を掛けないよう呼び掛けた。
 イトナブの古山隆幸代表理事(35)は「マナーを守って楽しくプレーしてほしい」と話している。


2016年11月20日日曜日


先頭に戻る