宮城のニュース

<B1仙台>4連敗総崩れ

 東地区4位の仙台は19日、仙台市のゼビオアリーナ仙台で栃木に63−89で敗れ4連敗となった。6勝9敗で順位は変わらず。栃木は13勝2敗とし首位を守った。
 秋田は千葉・船橋市の船橋アリーナで千葉に71−82で屈し、3勝12敗となった。順位は6位のまま。A東京は北海道を89−68で下し、12勝3敗。

栃木(13勝2敗) 89/17−13/63 仙台(6勝9敗)
           26−12
           22−20
           24−18
▽観衆 3908人(ゼビオ)

◎密着マークに苦戦

 仙台が大敗した。前半、栃木のロシターにゴール下から次々得点を許した。攻めても栃木の全員が密着するマークに苦しみ、前半を終えて18点差をつけられ、勝負を決められた。試合を通し、リバウンド獲得でも仙台の28に対し、栃木は59と圧倒された。


2016年11月20日日曜日


先頭に戻る