岩手のニュース

シカ猟中ライフル銃暴発 男性死亡

 19日午前6時半ごろ、岩手県遠野市附馬牛町上附馬牛第19地割の山林で、シカ猟をしていた滝沢市の男性(64)の猟銃が暴発、一緒に猟をしていた同市鵜飼外久保、獣医師菅原克(まさる)さん(37)が背中に被弾し、死亡した。
 遠野署によると、軽トラックの荷台で猟をしていた男性が体勢を崩した際にライフル銃が暴発。銃弾は軽トラックの車体を貫通し、助手席に座っていた菅原さんに当たった。男性は「引き金は引いていない」と話しているという。
 同署は業務上過失致死などの疑いもあるとみて、当時の詳しい状況を調べている。


関連ページ: 岩手 社会

2016年11月20日日曜日


先頭に戻る