宮城のニュース

<政活費不正>宮城議長辞任へ 2代続け引責

議長辞任の考えを伝えるため、自民党会派の総会に出席した中山議長(右)=21日午前10時20分ごろ、宮城県議会

 宮城県議会議長の中山耕一自民党県議(59)=富谷・黒川選挙区、4期=は21日、政務活動費(政活費)の不正受給問題を受け、議長職を辞任する意向を表明した。25日開会の県議会11月定例会で許可される見通しで、在任期間約5カ月での辞任となる。
 県議会では6月、前議長の安部孝自民党県議(61)=宮城選挙区、5期=が政活費の不正支出問題の責任を取り、約半年で議長職を辞任したばかり。短期間で議長が2代続けて辞任する異常事態となった。
 中山氏は21日午前、県議会棟であった所属会派「自民党・県民会議」の総会に出席。「議会の混乱を避けるため、重大な決意をした」と一連の問題の責任を取って辞任する考えを伝え、了承された。
 中山氏の政活費を巡っては、2013年9月にパソコンとデジタルカメラの購入名目で政活費の交付を申請した際、私的に買ったマッサージチェアの領収書(20万4190円)を添付し、半額を受け取った。中山氏は今年9月下旬、県に全額返還した。
 市民団体「仙台市民オンブズマン」は、自民会派が14年5月〜16年3月、中山氏の妻が社長を務める会社に政活費から人件費705万円を支出した問題について住民監査請求。県監査委員は9月下旬に住民監査請求を棄却した。
 中山氏は多賀城市出身。東北学院大卒。宮城県富谷町(現富谷市)職員などを経て03年の県議選で初当選。今年6月の県議会定例会で安部前議長の辞任に伴い、議長に選出された。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年11月21日月曜日


先頭に戻る