岩手のニュース

被災地の子どもたちに夢を サンタ200人募集

 NPO法人遠野まごころネット(岩手県遠野市)は、東日本大震災で被災した岩手県大槌町と釜石市で子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るサンタのボランティアを募集している。プレゼント購入資金の寄付も受け付ける。
 イベント名は「サンタが100人やってきた!」。2011年から毎年クリスマスの時期に、サンタに扮(ふん)したボランティアが、岩手県沿岸の子どもたちにお菓子を配ってきた。今年8月の台風10号豪雨でも被害を受けた岩手県沿岸は全域でボランティアが不足しており、県内外から多くの参加を呼び掛けている。
 今年は12月24日に大槌町、同25日に釜石市で各100人計200人を募る。午前9時半に現地集合、午後5時に解散する。例年は参加者を遠野市からバスで送迎したが、事務局の担当者は「今年は被災地で宿泊したり食事したりしてもらい、地域振興や交流促進を図りたい」と話している。
 ボランティア活動協力費1000円とサンタ衣装を持参する。申し込みは同ネットのサイトで受ける。プレゼント購入に充てる寄付の振込先は、岩手銀行遠野支店、普通預金2051730、口座名は「トクヒ)トオノマゴコロネット」。連絡先は同ネット事務局0198(62)1001。


関連ページ: 岩手 社会

2016年11月21日月曜日


先頭に戻る