山形のニュース

<モンテ>石崎監督「若い選手が伸びている」

 J2山形は11勝14分け17敗の14位で今季を終えた。2014年からチームを率いて、今季限りで退任する石崎監督に今シーズンを振り返ってもらった。
 −開幕後、なかなか勝てなかった原因は。
 「合宿からけが人が出たり、試合で点が入らなかったりと問題があった。ゲーム内容は悪くなかったが、結果がついてこないと勝てない状況が続く。私自身、開幕から8試合勝てないという経験は初めてだった」

 −3バック、4バックと戦術が変わった。
 「8試合勝てない中で3バックから4バックにして、前期は7勝7敗7分けと乗り切った。後期は4バックで入ったが、けが人が戻ってきたので、チームが安定する3バックに戻した」

 −最終戦はボールを奪って速攻という目指してきたサッカーができたのでは。
 「中盤でボールを奪い、カウンター気味で1点目と2点目は入った。それだけでなく自分たちでボールを動かして崩すなど、いろんな形で点を取れなければ強い相手には勝てない」

 −サポーターに一言。
 「(J1に復帰した)1年目は良かったが、その後は結果が出ず、申し訳なく思う。ただ若い選手が伸びてきている。来年につなげられればチームとして力がつく」


2016年11月21日月曜日


先頭に戻る